歯周病治療

歯周病の原因は患者さんごとに様々で、その症状にって一人ひとり異なります。当院は患者さんのご要望をお聞きし、それぞれの症状に的確に治療するよう心がけています

 

 

 

 

 

ぺりお.png

 

               <当院の歯周病治療のシステム1例>                 
1.お困りごとを伺い応急処置
2.歯周病検査をし現在の状態を診

3.説明&治療方針のご提案

4.スケーリング ※主に初期歯周病に有効

(歯ぐきの上の歯石除去を超音波スケーラー・手用スケーラーにて無麻酔で除去します)
5.スケーリング・ルートプレーニング※初期~中期の歯周病に有効

(スケーリングでは取り切れない歯ぐきの少し深い位置の歯石を麻酔して除去します)  
6・フラップ手術 ※中期~重度の歯周病で深い歯周ポケットが残った方

(麻酔をして歯石が目で見えるように歯茎を開いて歯石を除去します
7.歯周病検査(歯周病が改善されたか評価します)
8.メインテナンス(1~6ヶ月状態に合わせて間隔をきめます)
 
 
歯周病の治療の主は歯の表面についている歯垢・歯石(細菌)を取り除くことです。進行時期によって上の4.5.63つの方法にて治療を行います。
また治療とあわせて大切なのは毎日の歯みがきです。